お彼岸のご先祖供養は日本独自の風習。お彼岸のしきたりとお墓参りの手順

春分と秋分は「お彼岸」とも呼ばれ、先祖供養の日とされている。
「彼岸」は煩悩を脱して涅槃(迷いや煩悩の川の向こう岸にあるとされる)の境地に至った状態を指す、梵語由来の言葉だが、お彼岸に先祖供養をする風習は日本独特で、中国やインドにはない。古来、日本人は太陽を崇拝し、春分や秋分、夏至や冬至には祭りが催されてきた。

 

Follow me!

コメントを残す